高めの尿酸値を放置していませんか?大正製薬のタブレットで尿酸値対策を!尿酸値を下げるアンセリン含有尿酸値が高めの方のタブレット(粒タイプ)新発売 臨床試験済 機能性表示食品 届出番号:E389
尿酸値が高めの方のタブレット(粒タイプ)初回限定72%OFF!
定期購入はこちら 尿酸値が高めの方のタブレット(粒タイプ) 送料無料※初めての方、お一人様1回限り
一日摂取目安量:1日3粒 機能性表示食品 届出番号:E389 [届出表示]本品にはアンセリンが含まれるので、健康な方の高めの血清尿酸値(5.5~7.0mg/dL)を低下させる機能があります。血清尿酸値が高めの方に適した食品です。●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。●本品は国の許可を受けたものではありません。●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
こんなことあてはまりませんか?
ビールをたくさん飲んでしまう 魚介類やレバーが大好き! 普段あんまり運動しない…
そんなあなたに生活習慣の改善とともにオススメ!
ヘルスマネージ 尿酸値が高めの方のタブレット(粒タイプ) 大正製薬の自信作!尿酸値が高めの方のタブレット 機能性表示食品 臨床試験済 本商品は血清尿酸値が5.5~7.0mg/dLを対象とした商品になります。
尿酸値が高めの方のタブレット(粒タイプ)摂取による血清尿酸値の推移 12週間で高めの尿酸値が低下!
尿酸値が高めの方のタブレット(粒タイプ)初回限定72%OFF!
定期購入はこちら 尿酸値が高めの方のタブレット(粒タイプ) 送料無料※初めての方、お一人様1回限り
一日摂取目安量:1日3粒 機能性表示食品 届出番号:E389 [届出表示]本品にはアンセリンが含まれるので、健康な方の高めの血清尿酸値(5.5~7.0mg/dL)を低下させる機能があります。血清尿酸値が高めの方に適した食品です。●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。●本品は国の許可を受けたものではありません。●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
アンセリンってどんな成分?
「尿酸値が高めの方のタブレット」には尿酸値を低下させる機能があることが臨床試験で確認されている機能性関与成分であるアンセリンを含有しています。 アンセリンは魚由来の天然成分でマグロ、カツオなどの回遊魚やサケ、サメ、鶏の胸肉などに多く含まれるアミノ酸の仲間。特にマグロ・カツオ由来のアンセリンは尿酸値を低下させる作用があることから注目されています。マグロ・カツオ由来のアンセリンをギュッと3粒に凝縮!一日摂取目安量:3粒機能性関与成分:アンセリン50mg(一回摂取目安量あたり)
アンセリンが高めの尿酸値*を低下させます!*高めの尿酸値:5.5mg~7.0mg/dL アンセリンの作用メカニズム(細胞試験等の結果から推定)⽣活習慣の乱れなどによって尿酸がつくられ過ぎたりすると、尿酸値が⾼め(5.5mg/dL〜7.0mg/dL)の状態が続き、健康リスクが⾼まります。アンセリンは尿酸を産⽣する酵素を阻害し、プリン体を再合成する酵素の発現を亢進させることにより、尿酸の産⽣を抑制すると考えられます。
開発者インタビュー
尿酸値が高め*の皆さまのために開発しました。*本商品は血清尿酸値が5.5~7.0mg/dLの方に向けた商品です 尿酸値が⾼めの⽅は年々増加傾向に 近年、健康診断で尿酸値を指摘される⽅が増えています。アルコール類、⾁類などの摂取で数値は上がりやすくなるので、尿酸値が⾼めの⽅は早めの対策で健康リスクをあげないことが⼤切です。 ⼤正製薬品質をお届けしたい 以前から⼤正製薬ではアンセリンの働きに着⽬していました。機能性表⽰⾷品制度ができ、アンセリンを尿酸値を下げる機能性関与成分として表⽰することが可能となったのです。重要視したのは、製品の安全性と品質の確保です。アンセリンを含め全成分の安全性の情報と原料の規格を確認しました。なにより「⾼めの尿酸値を下げる機能がある」こともお客様にはっきり伝えることができる製品が完成したと⾃負しています。⼤正製薬の⾃信作「尿酸値が⾼めの⽅のタブレット」是⾮お試しください。 ⼤正製薬株式会社セルフメディケーション研究開発本部 商品開発部満⼭俊平
尿酸値が高めの方のタブレット(粒タイプ)初回限定72%OFF!
定期購入はこちら 尿酸値が高めの方のタブレット(粒タイプ) 送料無料※初めての方、お一人様1回限り
一日摂取目安量:1日3粒 機能性表示食品 届出番号:E389 [届出表示]本品にはアンセリンが含まれるので、健康な方の高めの血清尿酸値(5.5~7.0mg/dL)を低下させる機能があります。血清尿酸値が高めの方に適した食品です。●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。●本品は国の許可を受けたものではありません。●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。