冬の不調は食のチカラで解決!!​

解決したい!肌の乾燥

寒くて乾燥する冬は、肌がかさついたり、かゆくなったりといった肌トラブルが起こ

りやすくなります。また、女性に多い貧血も、肌の乾燥に悪影響を与えます。赤血球中のヘモグロビンが不足することで、全身に酸素が行き届かなくなり、肌だけでなく髪や爪も潤い不足になってしまうのです。

肌の乾燥に対して、漢方では血行をよくするアプローチを行います。南雲先生のおすすめ食材は、松の実と黒豆。松の実は、生薬名を海松子かいしょうしといい、漢方では活力アップや血を補うとされる代表的な食材です。料理のトッピングなど手軽に活用してみましょう。正月のおせち料理に欠かせない黒豆は、「じん」(下記参照)の働きを高めてくれる食材でもあります。冬は特に積極的に摂るとよいでしょう。

腎の働きを高めるには、栗や山いもの他、黒豆などの黒い食材がよいとされます。

【肌の乾燥】おすすめレシピ

体の中を潤す働きもある松の実と不老長寿の妙薬・クコの実、ビタミンたっぷりで美肌にうれしいかぼちゃの最強トリオ!

かぼちゃ粥

カロリー(1人分):168kcal
調理時間:約20分

〈材料(2人分)〉

かぼちゃ
300g
大さじ2
400ml
小さじ1/2
松の実(みじん切り)
12粒
クコの実(みじん切り)
12粒
かぼちゃの種(みじん切り)
12粒

〈下準備〉

  • ●かぼちゃは皮・種・ワタを除き、薄切りにする。

〈作り方〉

  1. ❶鍋にAを入れて煮立て、アクを除き弱火で煮る(約10分)。
  2. ❷粗熱を取り、ミキサーにかける(約1分)。
  3. ❸鍋に戻して温め、器に盛りつけ、Bをちらす。

カワナカユカリ=イラスト ABCクッキングスタジオ=レシピ提供

関連記事