トップ > 商品ラインナップから探す > 医薬品 > 【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎速溶錠EX 48錠

指定2類医薬品

指定2類医薬品購入には会員登録/ログインが必要です。
薬剤師の問診結果を承諾いただいた後に、商品が発送されます。

指定2類医薬品ご購入の流れと注意事項はこちら →
指定第2類医薬品

【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎速溶錠EX 48錠

水なしで、すばやく溶けて、良く効く

医薬品は「使用上の注意」を良く読み用法・用量を守って正しくお使いください。

★指定第2類医薬品について
第2類医薬品のうち特別の注意を要する医薬品です。
してはいけないこと」の確認を行い、使用について薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

●独自技術を用い、優れた崩壊性を実現しました。水なしでも口内ですばやく溶けますので、外出先での急な鼻炎症状でもすぐに服用できます。

●清涼感と苦み低減で服用感UP。お口の中で溶けるので錠剤が苦手なお子さま(7才以上)も、服用しやすいミルクミント風味です。

セルフメディケーション税制

【効能・効果】
急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭重(頭が重い)

【用法・用量】
次の量をかむか、口中で溶かして服用してください。ただし、服用間隔は4時間以上おいてください。
15才以上:1回2錠(服用回数1日3回)
7才~14才:1回1錠(服用回数1日3回)
7才未満:服用しないこと

1回のみお届け

【一回のみお届け】

販売価格: 1,958(税込)
数量
※原則、商品到着後8日以内まで返品可(送料はお客様負担)詳細はこちら詳細はこちら
※以下の場合、お客様都合による返品は不可
・セットで購入された商品(セット販売品)の一部のみの返品
・商品ご開封後の返品

商品情報

◆ 商品添付文書はこちら
※ご使用前に商品に同封されている添付文書を必ずご確認ください

区分 指定第2類医薬品
販売名 【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎速溶錠EX 48錠
効能 急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭重(頭が重い)
成分[2錠中]
成分 分量
塩酸プソイドエフェドリン 40mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 10mg
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 2mg
グリチルリチン酸ニカリウム 15mg
ベラドンナ総アルカロイド 0.2mg
無水カフェイン 25mg
添加物:D-マンニトール、粉糖、トウモロコシデンプン、セルロース、無水ケイ酸、クロスポビドン、ヒドロキシプロピルセルロース、アスパルテーム(Lフェニルアラニン化合物)、スクラロース、ステアリン酸Ca、lメントール、香料
内容量 48錠
用法・用量 次の量をかむか、口中で溶かして服用してください。ただし、服用間隔は4時間以上おいてください。
15才以上:1回2錠(服用回数1日3回)
7~14才以上:1回1錠(服用回数1日3回)
7才未満:服用しないこと

[注意]
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後は6ヵ月以内に服用してください。(品質保持のため)
使用上の注意 <<使用上の注意>>
◆してはいけないこと
  • ①次の人は服用しないでください
    (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
    (2)次の症状のある人。
    前立腺肥大による排尿困難
    (3)次の診断を受けた人。
    高血圧、心臓病、甲状腺機能障害、糖尿病
  • ②本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください
    他の鼻炎用内服薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬等)、胃腸鎮痛鎮痙薬
  • ③服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください
    (眠気や目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります)
  • ④長期連用しないでください
◆相談すること
  • ①次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    (1)医師の治療を受けている人。
    (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
    (3)授乳中の人。
    (4)高齢者。
    (5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
    (6)かぜ薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬等により、不眠、めまい、脱力感、震え、動悸を起こしたことがある人。
    (7)次の症状のある人。
    高熱、排尿困難
    (8)次の診断を受けた人。
    緑内障、腎臓病
    (9)モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン塩酸塩等)で治療を受けている人。
    (セレギリン塩酸塩は、パーキンソン病の治療に用いられます)
  • ②服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    関係部位 症状
    皮膚 発疹・発赤、かゆみ
    消化器 吐き気・嘔吐、食欲不振
    精神神経系 めまい、不眠、神経過敏、頭痛、けいれん
    泌尿器 排尿困難
    その他 顔のほてり、異常なまぶしさ

    ※まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
    症状の名称 症状
    ショック
    (アナフィラキシー)
    服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
    のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
    急性汎発性
    発疹性膿疱症
    高熱、皮膚の広範囲の発疹・発赤、
    赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、
    食欲がない等が持続したり、急激に悪化する。
    再生不良性貧血 青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、
    疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
    無顆粒球症 突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
  • ③服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    口のかわき、眠気、便秘、目のかすみ
  • ④5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

説明文書はこちら

ページトップへ