トップ > 目的から探す > 中性脂肪異常改善薬 > 【第1類医薬品】エパデールT

第1類医薬品

第1類医薬品購入には会員登録/ログインが必要です。
薬剤師の問診結果を承諾いただいた後に、商品が発送されます。

第1類医薬品ご購入の流れと注意事項はこちら →
第1類医薬品

【第1類医薬品】エパデールT

  • エパデールT
  • エパデールT

中性脂肪値を改善する効果が、唯一認められたOTC医薬品

セルフメディケーション税制
エパデールTは、イコサペント酸エチルを主成分とし、健康診断等で指摘された境界領域※の中性脂肪値を改善します。
イコサペント酸エチルには、腸管からの中性脂肪吸収を抑え肝臓での過剰な中性脂肪合成を抑え、血中の余分な中性脂肪の代謝をはやくして中性脂肪の高値を改善する作用があります。
○ 脂質代謝のバランスが崩れて血中の中性脂肪が異常に増えた状態を改善することは、健康的な生活を送る上で非常に大切です。

●この商品は医薬品です。
●この医薬品は薬剤師からの説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使いください

【効能・効果】
健康診断等で指摘された、境界領域(注)の中性脂肪値の改善。
(注)「境界領域」:健康診断などにおいて中性脂肪が正常値よりもやや高めの値(150mg/dL以上300mg/dL未満)を指します。
〔注意〕狭心症、心筋梗塞、脳卒中と診断されたことがある人、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高血圧症で治療中の人や医師の治療を勧められた人は、この薬を服用しないでください。
これらに該当する人は医療機関を受診することが望ましいためです。既に医師より同一成分の医薬品を処方されている方は指示通り服用してください。


【用法・用量】
成人(20才以上の方)1回1包を1日3回、食後すぐに服用してください。

1回のみお届け

【一回のみ】

販売価格: 5,524(税抜)
数量

商品情報

◆ 商品添付文書はこちら
※ご使用前に商品に同封されている添付文書を必ずご確認ください

リスク分類 第1類医薬品
販売名称 エパデールT
効能 ●健康診断等で指摘された、境界領域(注)の中性脂肪値の改善
(注)「境界領域」:健康診断などにおいて中性脂肪が正常値よりもやや高めの値(150mg/dL以上300mg/dL未満)を指す。
[注意]
狭心症、心筋梗塞、脳卒中と診断されたことがある人、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病、高血圧症で治療中の人や医師の治療を勧められた人は、この薬を服用しないでください。
成分 [1包中]
成分 分量
イコサペント酸エチル 600mg
添加物:トコフェロール、ゼラチン、D-ソルビトール、グリセリン、パラベン
内容量 42包
用法・用量 次の量を食後すぐに服用してください。
20才以上 20才未満
1回1包
1日3回食後すぐ
服用しないこと
[注意]
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)空腹時に服用すると成分の吸収が悪くなるので、食後すぐに服用してください。
(3)かまずに服用してください。(軟カプセルのため、かむと油状の成分がでてしまいます)
(4)中性脂肪異常値改善のためには4週間以上、服用を続けていただくことが必要です。
(5)本剤の服用期間の目安(効果が安定する)は、3~6ヵ月です。
(6)本剤の服用開始*3ヵ月後には、医療機関*等で血液検査を行い、中性脂肪値の改善を確認してください。*血液検査にあたっては、中性脂肪値に影響を及ぼすため、検査前10時間以上は、水以外の飲食物を摂取しないようにする必要があります。*
使用上の注意 <<使用上の注意>>
◆してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
  • (1)20才未満の人。
  • (2)出血している人。
    (血友病、毛細血管脆弱症、消化管潰瘍、尿路出血、喀血、硝子体出血等にて出血している場合、止血が困難となることがあります)
  • (3)出血しやすい人。(出血を助長することがあります)
  • (4)手術を予定している人。(出血を助長することがあります)
  • (5)次の医薬品を服用している人。
    ワルファリン等の抗凝血薬、アスピリンを含有するかぜ薬・解熱鎮痛薬・抗血小板薬、インドメタシンを含有する鎮痛消炎薬、チクロピジン塩酸塩やシロスタゾール等の抗血小板薬(出血傾向が強くなることがあります)
  • (6)脂質異常症(高脂血症)、糖尿病又は高血圧症と診断され現在医師の治療を受けている人、あるいは健康診断等で医師の治療を勧められた人。
  • (7)親、兄弟姉妹に原発性高脂血症と診断された人がいる人。
  • (8)狭心症、心筋梗塞、脳卒中と診断されたことがある人。
  • (9)妊婦又は妊娠していると思われる人。
  • (10)授乳中の人。(動物試験で乳汁中への移行が認められています)

説明文書はこちら

服用者向け情報提供資料はこちら

セルフチェックシートはこちらこちら

ページトップへ