トップ > 目的から探す > 健康診断の結果が気になる方に > 血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)
定期お届けコースあり機能性表示食品

血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)

1日1粒*の血圧対策!

「血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)」は血圧が高めの方(※) の血圧を改善し、正常な血圧を維持することが報告されている「ヒハツ由来ピペリン」を含有した機能性表示食品です。
毎日の運動など生活習慣の見直しとともに、飲みやすいタブレットで、手軽に血圧対策をはじめませんか。

*一日摂取目安量

※血圧が高めとは、収縮期血圧130mmHg~139mmHg または、拡張期血圧85mmHg~89mmHgのことです。


1日1粒を目安にお召し上がりください。


機能性表示食品 届出番号:B183機能性表示食品 届出番号:B183

<届出表示>
本品にはヒハツ由来ピペリンが含まれています。
ヒハツ由来ピペリンには、血圧低下作用により血圧が高めの方の血圧を改善し、正常な血圧を維持する機能があることが報告されています。

本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。
ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

年間7,800円お得な定期お届けコース

【定期】

送料無料ポスト投函
通常価格:3,500円 10%OFF 3,150(税抜)
数量

お得な定期お届けコースの特典

  • 特典1:通常価格の10%OFF
  • 特典2:毎回送料無料
  • 特典3:定期コース以外の商品も割引価格で購入可能!
  • 特典4:お客様のペースに合わせ一時休止や解約も可能です。その他にも特別なご優待やプレゼントもご用意!

もっと詳しく見る

1回のみお届け

【一回のみ】

まとめ割定期会員特割ポスト投函
販売価格: 3,500(税抜)
数量
こんな方は血圧が高めになりがちです!

こんな方は
血圧が高めになりがちです!

  • 濃い味が好きな方
  • カロリーの摂りすぎが気になる方
  • 外食、コンビニ食が多い方
  • 仕事が忙しく生活が不規則な方
  • 運動不足を感じる方

血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)の特長

特徴11日1粒が摂取目安!

植物由来のまったく新しい(※1)高めの血圧(※2)改善の機能性表示食品である「血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)」は、製薬会社ならではの技術を活かし、1日の摂取目安量を1粒にまで凝縮させました。 毎日の継続が大切な血圧対策を1粒(※3)のタブレットから行える、続けやすい商品です。

※1 タブレット(粒タイプ)として
※2 高めの血圧とは、収縮期血圧130mmHg~139mmHg または、拡張期血圧85mmHg~89mmHgのことです。
※3 1日摂取目安量

1日1粒が摂取目安!1日1粒が摂取目安!

特徴2研究に基づいた血圧改善

正常高値血圧者ならびにI度高血圧者を対象に「血圧が高めの方の健康緑茶」を毎日1杯、3ヶ月飲み続ける臨床試験を行った結果、飲んでいない人と比べ1~2週間で高めの血圧が改善。続けることで正常な血圧を維持する効果がみられました
また、飲むのをやめると、血圧が摂取前付近に戻りました。

血圧が高めの方の健康緑茶摂取による血圧の推移血圧が高めの方の健康緑茶摂取による血圧の推移

研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な1例を事例として提示しています。

血圧が高めの方の健康緑茶摂取による血圧の推移血圧が高めの方の健康緑茶摂取による血圧の推移

- 方法 -
正常高値血圧※者またはI度高血圧※※者の成人男女120名(年齢20〜65歳)を2群に分け、「ヒハツ由来ピペリン含有粉末緑茶」もしくはプラセボの粉末緑茶飲料を1日1袋、12週間継続して摂取させ、0週、1週、2週、4週、6週、8週、10週、12週、摂取終了4週間後に血圧を測定しました。※正常高値血圧とは、収縮期血圧が130mmHg〜139mmHgまたは拡張期血圧が85mmHg〜89mmHgのことです。※※I度高血圧とは、収縮期血圧が140mmHg〜159mmHgまたは拡張期血圧が90mmHg〜99mmHgのことです。

- 結果 -
「ヒハツ由来ピペリン含有粉末緑茶」群は、プラセボ群と比較して、摂取1週間後から、最高血圧、最低血圧ともに有意に低下しました。また、それ以降も有意な低下が認められ、摂取終了時には正常血圧まで低下しました。飲むのをやめると、血圧が摂取前付近に戻りました。

機能性表示食品とは?

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性および機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

特徴3高めの血圧を改善することが報告されている「ヒハツ由来ピペリン」含有の商品です。

「血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)」に含まれているヒハツ由来ピペリンを摂取すると、血管内でヒハツ由来ピペリンの作用でNO(一酸化窒素)の働きが増強され、血管が拡張し、血流がスムーズになることで血圧が改善する事が報告されています。
つまり、「ヒハツ由来ピペリン」が血圧を改善させます。

この「ヒハツの血圧改善作用」に関する特許を大正製薬が取得しています。(特許第4797363号)

ヒハツ由来ピペリンは血管内でNO(一酸化窒素)の産生を促し、血管を拡張させ、血流をスムーズにすることで血圧が改善します。

ヒハツ由来ピペリン血圧改善メカニズム
ヒハツとは?

ヒハツとは東南アジアに分布するコショウ科の植物。果穂は多肉質の円筒状で、ブラックペッパーと異なる辛味と香りを持ち、乾燥物は香辛料として利用されています。 沖縄地方では近縁種のヒハツモドキを「ひはち(ふぃふぁち)」と呼び、琉球料理の薬味として利用されています。 中国やインドでは昔から用いられており、また、奈良の正倉院には、唐から送られてきた植物として、ヒハツが現存しています。

ヒハツ

開発者からのコメント

東京大学農学部卒 農学博士 井前 正

大正製薬株式会社商品開発部
東京大学農学部卒 農学博士 井前 正人

私たちは、自分で自分の健康を守る「セルフメディケーション」に役立つ商品の研究・開発をスタートしました。 長年にわたり生薬研究を行ってきた大正製薬が、血圧を下げる効果が期待できる素材をリストアップ。その中から最終的に選んだのが、作用の面で優れていた「ヒハツ」です。 「ヒハツ」に含まれるピペリンが、1~2週間で高めの血圧を改善し、飲み続けることで正常な血圧を維持することが確認できました。さらに、無理なく続けられる剤形・粒数を徹底的に追及。飲みやすい大きさと厚みにもこだわり、1粒*で1日分のヒハツ由来ピペリンが摂れるタブレットに仕上げております。

*一日摂取目安量
機能性表示食品とは?

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性および機能性の根拠に関する情報などを消費者庁長官へ届け出たものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

よくあるご質問

いつ飲むと効果的?
いつお飲みいただいても構いません。
むしろ続けることが大切なので、飲むタイミングを決めて習慣化されることをお勧めします。
正しい飲み方は?
1日1粒を目安にお飲みください。
噛まずに、水またはお湯でお召し上がりください。
薬を飲んでる人が飲んでも大丈夫?
医師・薬剤師にご相談ください。
お薬をお飲みの方、通院中の方は、医師、薬剤師にご相談ください。
血圧が安定した後も続けたほうがいい?
ぜひお続けください。
ヒハツ由来ピペリン含有粉末緑茶の臨床試験の結果では、飲むのをやめると飲む前の血圧に近づくことが確認されています。
血圧が改善された後も、生活習慣の改善とともに継続されることをお勧めします。

商品情報

機能性表示食品 届出番号B183
商品名 血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)
届出表示 本品にはヒハツ由来ピぺリンが含まれています。ヒハツ由来ピぺリンには、血圧低下作用により血圧が高めの方の血圧を改善し、正常な血圧を維持する機能があることが報告されています。
一日摂取目安量 1日1回1粒を目安にお召し上がりください。
摂取の方法 1日摂取目安量を、噛まずに水またはお湯でお召し上がりください。
保存方法の注意 開封後は、チャックをしっかりと閉じてお早めにお召し上がりください。
摂取上の注意 多量に摂取することにより、より健康が増進するものではありません。一日摂取目安量を守ってください。乾燥剤は誤って召し上がらないでください。
名称 ヒハツ抽出物含有食品
原材料名 ヒハツ抽出物(デキストリン、ヒハツエキス)、還元麦芽糖水飴/結晶セルロース、カルボキシメチルセルロースカルシウム、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム
栄養成分表示(推定値)
[1粒(300mg)当たり
熱量
1.11kcal
たんぱく質
0.002g
脂質
0.002~0.005g
炭水化物
0.27g
食塩相当量
0.00027g
機能性関与成分
ヒハツ由来ピぺリン : 90μg
内容量 9g(300mg×30粒)
保存方法 高温、多湿及び直射日光を避けて保存してください。
販売者 大正製薬株式会社 東京都豊島区高田3-24-1

関連記事

ページトップへ