定期お届けコースあり

大正ビオデイ

ロングライブビフィズス菌を補って丈夫な毎日へ

年齢とともにビフィズス菌は低下し、ストレスや食生活の乱れなどでも減少するため、毎日ビフィズス菌を補給することをおすすめします。


定着性の良いビフィズス菌を独自の製法でしっかり守ってからだの奥まで届けます!


1日目安量を1包ずつパックしたアルミの個別包装です。

定期お届けコースがおすすめ!

【定期】

通常価格:4,200円 10%OFF 3,780(税抜)
数量

お得な定期お届けコースの特典

  • 特典1:通常価格の10%OFF
  • 特典2:毎回送料無料
  • 特典3:定期コース以外の商品も割引価格で購入可能!
  • 特典4:お客様のペースに合わせ一時休止や解約も可能です。その他にも特別なご優待やプレゼントもご用意!

もっと詳しく見る

1回のみお届け

【一回のみ】

販売価格: 4,200(税抜)
数量

こんな方におすすめです!

  • 季節の変わり目が苦手という方
  • 寒暖の差に弱いという方
  • スッキリ快適に過ごしたいという方

大正ビオデイの特長

ポイント1 しっかり定着!ロングライブビフィズス菌

「LLビフィズス菌(ロングライブビフィズス菌)」は、ヒトのビフィズス菌(F1000株)です。定着性がよく、善玉菌を増やすことで悪玉菌の増殖を抑えます。

※LLビフィズス菌は、Long Liveビフィズス菌の略です。
※F1000株は、菌株の名称です。

ポイント2 がっちり守る!プロテクトシェルター構造

ポイント2 がっちり守る!プロテクトシェルター構造※

プロテクトシェルター構造とは、粒内のシェルターにビフィズス菌を閉じ込め水分や圧力からビフィズス菌を守る仕組みです。からだの奥までビフィズス菌を届けます。

※ビフィズス菌を製造過程の水分や圧力から守るため、粒内のシェルター部分に閉じ込める構造です。

ポイント3 すっきり快適!さらに3つの成分

LLビフィズス菌に加え、スッキリ素材としてお馴染みの甜茶・シソの実・グァバ葉を配合しています。

甜茶(てんちゃ)

甜茶(てんちゃ)

ポリフェノールを含むバラ科の植物です。中国では古くから健康茶として親しまれています。
季節の変わり目に多く飲まれます。

シソの実

シソの実

爽やかな香りで、日本の食卓でもおなじみのシソ。
その実から抽出される成分が、健康のために役立つと言われています。

グァバ葉

グァバ葉

人々の健康を守るお茶として愛飲されるグァバ葉。
ポリフェノールの一種・タンニンを含み、からだの内側から快適な毎日を応援します。

大正ビオデイ

ご愛用者様の声

とっても飲みやすい!3粒でビフィズス菌を補えるので、手軽に毎日続けられます。

もう年だし、いろいろ健康は気になるけど、まず善玉菌は摂っておいた方がいいと思って飲んでいます。

定期お届けコースってちょっと抵抗があったんですけど、自然と毎日飲もうという気になって健康のためには、助かってます!

※お客様からいただいた感想です。使用感には個人差があります。

商品情報

栄養補助食品
名称 ビフィズス菌含有食品
原材料名 でん粉(とうもろこし(遺伝子組換え不分別))、デキストリン、グァバ葉エキス、乳糖、麦芽糖、甜茶エキス、シソの実エキス、ショ糖、ビフィズス菌末、CMC-Ca、ショ糖脂肪酸エステル、炭酸Ca
栄養成分表示
[3粒(900mg)あたり
エネルギー
3.6kcal
たんぱく質
0.01g
脂質
0.03g
炭水化物
0.8g
ナトリウム
0~0.5mg
内容量 27g(300mg×3粒×30包)
保存方法 高温、多湿及び直射日光をさけて保存してください。
販売者 ビオフェルミン製薬株式会社NT 神戸市長田区三番町五丁目5番地
発売元 大正製薬株式会社 東京都豊島区高田3丁目24番1号

お召し上がり方

栄養補助食品として1日1包(3粒)を目安に、水などと一緒に噛まずにお召し上がりください。

  • ・「大正ビオデイ」は、原材料の一部に乳糖を含んでいます。食物アレルギーのある方は原材料をご確認の上、お召しあがりください。
  • ・体質・体調により、まれにからだに合わない場合があります。その場合にはご使用を中止してください。
  • ・本品の摂りすぎ、あるいは体質・体調により、おなかがゆるくなることがあります。
  • ・お薬を服用中、あるいは通院中の方は、医師にご相談の上、お召し上がりください。
  • ・本品は植物由来の原料を使用しておりますので、色・風味のばらつきがございますが、品質に問題はありません。
  • ・個別包装を開封後は、お早めにお召し上がりください。
  • ・小児の手の届かないところに保管してください。
  • ・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
ページトップへ