トップ > 医薬品のご購入について
トップ > 医薬品のご購入について

医薬品のご購入について

医薬品を販売する際には、薬剤師がご使用者様の状態を確認し、販売の適正性について判断する必要があります。
詳しいご購入までの流れはこちらをご確認ください。

店舗の管理及び運営に関する事項

許可の区分 店舗販売業
許可証の記載事項 氏名   大正製薬株式会社
名称   大正製薬ダイレクト 薬店
所在地  東京都北区赤羽南2-8-21
許可番号 31北健生薬第1214号
有効期限 令和2年3月31日から令和8年3月30日まで
管理者の氏名 箱田 雅文(薬剤師)
勤務する薬剤師の
氏名及び担当業務
箱田 雅文(医薬品販売[店頭及び特定販売]・情報提供・相談)
勤務状況 月~金 午前9時から午後4時30分まで
薬剤師 箱田 雅文
取り扱う要指導医薬品
及び一般用医薬品の区分
第1類医薬品、指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品 [店頭及び特定販売]
勤務する者の区別 薬剤師は氏名と「薬剤師」を記した名札と白衣を着用
一般従事者は氏名のみを記した名札と制服(青色)を着用
営業時間 月~金 午前9時から午後4時30分まで
(定休日:土・日・祝日、年末年始・夏季休暇等 会社指定の休日)
営業時間外で
相談できる時間
上記営業時間外での相談はお受けできません
営業時間外で
ご注文のみ受付する時間
販売は上記営業時間内にて対応いたします
ご注文はインターネットにて24時間受付いたします
相談を受ける時
及び緊急時の連絡先
大正製薬ダイレクト 薬店 ※上記営業時間内でのご対応となります
TEL:0120-19-8428

大正製薬ダイレクト お問合せ受付フォーム
※24時間ご利用いただけます

医薬品に関する連絡先
大正製薬株式会社 お客様119番室
受付時間:8:30~21:00(土、日、祝日を除く)
TEL:03-3985-1800
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現在、「平日は8:30〜17:00」に変更しております。
ご理解賜りますよう宜しくお願い致します。
※お問い合わせの内容を正確に承るとともに回答の内容を確認するため、お客様との通話は録音しております。予めご了承ください。
医薬品の使用期限について 使用期限まで6ヶ月以上あるものを販売いたします
ご注文のキャンセル、
返品、交換について
上記営業時間内に大正製薬ダイレクト 薬店まで直接お電話にてご連絡ください。
なお、すでにご注文商品が発送手続き済みの場合、キャンセルを承ることができませんのであらかじめご了解ください。

大正製薬ダイレクト 薬店
TEL:0120-19-8428

店舗

要指導医薬品及び一般用医薬品の販売制度に関する事項

要指導医薬品 一般医薬品
第1類医薬品 指定第2類医薬品 第2類医薬品 第3類医薬品
定義・解説 新医薬品等で「医療用医薬品」から移行したが、まだ一般用医薬品としての使用実績が少ないために、一般用医薬品としてのリスクが確定していないものや医療用としての使用経験がない医薬品(スイッチ直後品目)、毒薬及び劇薬 特にリスクが高く、副作用等による日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうちその使用に関し特に注意が必要なもの等 第2類医薬品のうち特別の注意を要するもの リスクが比較的高く、副作用等による日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品(第1類医薬品を除く)等 リスクが比較的低く、その副作用等により日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調や不調が怒る恐れのある、第1類医薬品及び第2類医薬品以外の一般用医薬品。
表示
対応する専門家 薬剤師 薬剤師又は登録販売者
情報の提供
及び指導に
関する解説等
薬剤師が対面で、使用者の状況等を確認し、購入が適当である場合は、書面等を用いて情報提供し、販売等します。(義務) 薬剤師が、使用者の状況等を確認し、購入が適当である場合は、書面等を用いて情報提供し、販売等します。(義務) 使用者や購入者の状況等を確認し、書面等を用いて情報提供し、販売等するよう努めます。(努力義務)

指定第2類医薬品については、その禁忌や中事項を確認し、使用にあたっては薬剤師又は登録販売者に相談することをお勧めします。
適正使用のための情報提供を行った上で販売等するよう努めます。
お薬についての相談等については、医薬品の区分によらず全て対応いたします。(義務)
陳列等 医薬品はリスク区分を分けて、また医薬品と医薬品以外のものも区別して陳列等しています。

区分 陳列の場所
要指導医薬品
第1類医薬品
消費者が直接手に取れない場所
指定第2類医薬品 医薬品の情報提供場所から半径7m以内の場所
もしくは、施錠してる陳列棚等、消費者が直接手に取れない場所
第2類医薬品
第3類医薬品
許可を受けた医薬品売場内

医薬品による健康被害救済制度について

【医薬品副作用被害救済制度】 医薬品を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。 救済の認定基準や手続きについては、下記にお問合せください。(一部救済が受けられない医薬品や副作用があります)

窓口
独立行政法人医薬品医療機器総合機構

救済制度相談窓口
TEL:0120-149-931
受付時間:午前9:00~午後5:00 / 月~金(祝日・年末年始を除く)
Eメール:kyufu@pmda.go.jp

個人情報の適正な取扱いを確保するための措置

医薬品等の販売事業を行うにあたり取得する個人情報は、関係法令・ガイドライン等を遵守し、適切に取扱います。
詳しくは個人情報の取扱いについてをご確認ください。

その他必要な事項

【所轄自治体名】
北区保健所

【苦情相談窓口】
大正製薬ダイレクト 薬店 ※上記営業時間内でのご対応となります
TEL:0120-19-8428

【当店で解決しない内容や「要指導医薬品又は一般用医薬品の販売制度」等についての苦情、問い合わせについて】
北区保健所

セルフメディケーション税制

2017年1月1日から、特定の医薬品購入に対する新しい税制「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まりました。対象の市販薬を購入した際に、その分の所得控除を受けられるようにしたものです。

セルフメディケーション税制について

ページトップへ